内臓脂肪を落とすサプリメント

MENU

内臓脂肪を落とすサプリのご紹介!

皮下脂肪と比べて内臓脂肪ばかりつくことを俗に「中年太り」と言いますが、最近は若い方でも中年太りのような体型をしている方が増えているようです。

 

これはジャンクフードなどの安価で脂質の高い食べ物が広く出回ったことが原因と言えるでしょう。特に若い方はハンバーガーチェーン店やコンビニ弁当を好む傾向にありますから、中年体型になってしまうのも無理はありません。

 

そんな現代人とは切っても切れない関係にある内臓脂肪を効率よく落とすことが出来るのがサプリメントです。
当サイトでは、内臓脂肪を落とすサプリをランキングでご紹介していますので、中年太りが気になるという方もまだ若いのにお腹周りがぽっこりし始めたという方も是非見てみて下さいね。

内臓脂肪を落とすサプリランキング

シボヘール

葛の花由来のイソフラボンの力で脂肪の燃焼を助け、内臓脂肪やお腹周りの脂肪を減らしやすくするサプリです。

 

年齢を重ねたことで代謝が下がり、脂肪がなかなか減らなくなった体を天然由来の成分で優しくサポートしてくれるのでダイエットの効果を感じやすくなります。
お腹周りのポッコリが解消しない、内臓脂肪が気になる、肥満体型をなんとかしたい…そんな悩みの解決にはピッタリの商品です。

 

オススメしたい人 ・ポッコリお腹がなかなか解消しない

・昔よりも太りやすくて痩せにくくなってしまった
・内臓脂肪や皮下脂肪が気になっている

主な特徴 ・1日93円で始められる脂肪対策サプリ

・定期便でもいつでも変更や停止ができる
・葛の花由来なので体に優しい

成分 還元パラチノース/葛の花抽出物/セルロース/ショ糖脂肪酸エステルなど
価格 定期便の申込みで初回限定980円
評価

 

 

生漢煎 防風通聖散

肥満症の改善に特化した漢方薬で皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼しやすくしながら、代謝を上げて新しく脂肪が付きにくい体へと変わるお手伝いをしてくれます。

 

年齢を重ねて痩せにくくなった体でも違いを感じやすく、諦めていたお腹周りの脂肪や健康被害に繋がる内臓脂肪を減らすことに一役買ってくれます。
1回1包で良いので漢方薬の飲みづらさが軽減されており、続けやすい高品質な漢方薬として人気です。

 

オススメしたい人 ・お腹周りの脂肪が分厚くなった気がする

・食生活を考えると内臓脂肪が心配
・サプリだとあまり違いや効果を感じられなかった

主な特徴 ・医師評価92.3%の実力のある漢方薬

・原生薬を最大で27.1g配合している
・1回1包なので飲みやすくて続けやすい

成分 トウキ/シャクヤク/センキュウ/サンシシなど
価格 初回限定で半額の3,900円
評価

 

 

きなり

DHAやEPAに加えてナットウキナーゼやクリルオイルも加えて、吸収されやすく違いを感じやすくなったサプリです。

 

魚臭さがゼロなので魚介類が苦手な人でも飲みやすく、血液のサラサラ習慣や内臓脂肪に良い習慣として多くの人が長い間愛飲しています。
国内のGMP認定工場で生産されているので品質も非常に高く、安心して飲み続けることができます。

 

オススメしたい人 ・内臓脂肪やお腹周りの贅肉が気になる

・運動をしても効果が出にくく痩せられない
・健康な体を手に入れてスッキリ体質になりたい

主な特徴 ・生臭さが苦手な人でも飲みやすい

・吸収率が良いので違いを感じやすい
・15日間の返金保証付きなので安心出来る

成分 DHA/EPA/クリルオイル/ナットウキナーゼなど
価格 毎月お届けコースが初回限定1,980円
評価

 

 

脂肪の種類って知ってる?

一概に『脂肪』と言っても脂肪にはたくさんの種類があります。例えば代表的な脂肪と言えば皮下脂肪内臓脂肪でしょう。

 

 

 

皮下脂肪は内臓を衝撃などから守る役割や体温の維持に役立ち、内臓脂肪は内臓の位置バランスを調整するスペーサーとして、また食事から摂取した後使わなかったエネルギーを蓄えておく役割を持っています。

 

このように本来脂肪は生命の維持や体調管理をする上で重要な役割を担っているのです。ではなぜ、昨今「脂肪は悪」という考え方が蔓延しているのでしょうか。

 

 

 

ご存知の通り脂肪は蓄えすぎると動脈硬化などの病気を引き起こす原因になってしまいます。現代人の多くは高カロリー食に慣れてしまったため、食事から過剰にエネルギーを摂取しがちです。例えばハンバーガーやコンビニ弁当などはその最たるものと言えるでしょう。

 

先ほどご説明したように過剰に摂取されたエネルギーは脂肪となって皮膚の下や内臓の周りに付いてしまうのですが、これがあまりにも多くなりすぎてしまうと所謂「肥満」になってしまいます。

 

 

 

最近体脂肪に関する話題やダイエットによる健康法が盛んな理由には、この肥満体型の人が多いということが関係していたのですね。

脂肪の中で一番怖いのは内臓脂肪

いくつか種類のある脂肪の中でも内臓脂肪の蓄え過ぎはなんとしても避けなければなりません。女性よりも男性につくことの多い内臓脂肪は主に血管や血液に悪影響を及ぼします

 

 

 

内臓脂肪が原因で発症する病気にはどんなものがあるのか、詳しく見てみましょう。

動脈硬化

 

内臓脂肪のつき過ぎによる肥満のことをメタボリックシンドロームと呼ぶことをご存知の方は多いかと思いますが、動脈硬化はメタボリックシンドロームと併発しやすい病気として有名です。

 

 

 

簡単に言うと動脈硬化とは読んで字のごとく動脈が硬くなってしまう病気です。血管とは本来多少血圧が上がっても耐えられるように柔軟性を持った弾力のある作りになっているのですが、動脈硬化により血管が硬くなってしまうと、破れやすく細い血管になってしまいます。

 

 

 

メタボリックシンドロームの方が併発しがちな高血圧と動脈硬化が合わさってしまうと、心筋梗塞脳梗塞などの命に関わる病気を発症する確率が飛躍的に上がってしまうので注意したいですね。

糖尿病

 

成人病の中でも特に質の悪い病気として名高い糖尿病もまた内臓脂肪が過剰についていることで発症しやすくなってしまう病気のひとつです。

 

 

 

内臓脂肪が多く溜まっていると、血中の糖分濃度が常に高く保たれてしまうためインスリンの過剰分泌が起こり、糖尿病を発症してしまいます。

 

 

 

特に血糖値が元々高めの方がメタボリックシンドロームになった場合は最悪で、かなり短い期間で症状の悪化が進むようです。

高脂血症

動脈硬化や高血圧などの病気はその他の病気を次々に引き起こす原因になるという点で非常に厄介な病気と言えるでしょう。高脂血症もその例に漏れず様々な病気を引き起こしやすくなるという特徴を持っています。

 

 

 

血中の脂質の割合が多くなる高脂血症は血管の中にあるゴミが溜まることで起こる血栓症や、動脈硬化などの血管の病を発症しやすくさせるだけでなく、心臓や脳に重い病気を抱える原因になりかねません。

そんな内臓脂肪はサプリで落とそう!

ダイエットというととてもめんどくさいものというイメージがありますが、内臓脂肪を落とすことだけを目的にするのであればそれほど難しいことではありません。

 

 

 

内臓付近につく脂肪である内臓脂肪は大きな血管に隣接していることが多いため、エネルギーとして使いやすくランニングや筋トレなどを習慣にすることで簡単に減らすことが出来るのです。

 

 

 

とは言っても、いきなり運動を始めるのはしんどいですし、何より日々の生活を忙しく送っている方の場合そもそも運動をしている時間がないという方は多いですよね。

 

 

実際に学生時代はスポーツをしていてスリムな体型をしていたけれど、社会人になって運動をしなくなったことで太ってしまったという方は多くいらっしゃいます。

 

 

 

そんな方にお勧めなのが内臓脂肪を落とすサプリメントです。内臓脂肪を落とすサプリメントは、面倒な運動やキツい食事制限をすること無く内臓脂肪を落とすことが出来るため、なかなかダイエットを頑張る時間が取れないという方にはうってつけと言えるでしょう。

 

 

本当にサプリメントで内臓脂肪を落とすことが出来るの?と不安に思っている方のために内臓脂肪を落とすサプリについてご説明しましょう。

 

 

 

ランニングや筋トレなどの激しいスポーツをすることによって消費する場合と違い、サプリメントは脂肪を分解することを目的として開発されています。なので運動や厳しい節制をすることなく、手軽に内臓脂肪を落とすことが出来るのです。

内臓脂肪を落とすサプリに含まれる成分

内臓脂肪を落としてくれるサプリメントに含まれる成分にはどんなものがあり、どんな働きをするのでしょうか。人気のサプリメントに含まれる成分を詳しく調査してみましたので、ご覧ください。

 

ラクトフェリン

ラクトフェリンは分解酵素と呼ばれる物質の働きを強める効果を持っています。つまり、通常であれば分解することの出来なかった脂肪を分解酵素の働きを強めることによってしっかり落としてくれるのですね。

 

 

 

加えてラクトフェリンには整腸作用を高める効果も期待できるため、デトックスにも利用することが出来ます。腸内環境の改善することは内臓脂肪を減らす上で重要なことだと言われていますから、内臓脂肪を落とすためにはしっかり摂取しておきたいですね。

アリシン

アリシンはにんにくやネギなどに含まれる成分で、生活習慣病や血管の病気を予防してくれる効果を持っています。

 

 

高血圧や動脈硬化などが起こっているときは血管の働きが低下しているため、なかなか本来の働きをすることが難しくなっています。
しかし、アリシンを摂取しておくとそんな血管の病気を素早く改善してくれるため、脂肪を分解する上でも役に立つのです。

 

 

サプリメントを選ぶときはラクトフェリンに加えて、アリシンが含まれているかどうかもチェックしておくと良いでしょう。

イソフラボン

女性ホルモンに近い成分であることから、美容目的に使われることの多いイソフラボンですが、実は内臓脂肪を落とすためにも役立ちます

 

 

 

イソフラボンは既についてしまった内臓脂肪を分解してくれる他、運動時の脂肪の燃焼促進や、脂肪の合成抑止に効果があるため総合的に内臓脂肪を減らしてくれるのです。

 

まとめ

中年以降特に増加する傾向にある内臓脂肪は少しずつ私たちの身体を蝕んでいきます。この記事を読んでいる方の中にも高血圧や肥満に悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

内臓脂肪の蓄えすぎや高血圧、肥満などは糖尿病や癌などの命の危険性がある病気を引き起こす原因となりかねません。

 

 

 

そうならないためにも、これを機に内臓脂肪を落とすサプリで対策を始めてみては如何でしょうか。