内臓脂肪 レベル

MENU

内臓脂肪レベルを知って病気を防ごう!平均や落とし方について

太ったという表現を用いる場合、多くの人は体重や体脂肪率を指して使っているのではないでしょうか。もしくは、お腹に肉がついてきたということやたるんできたということを指しているかと思います。健康管理のために体重や体脂肪を気にすることは良いことですが、体脂肪の中でも内臓脂肪について知っている人はどのくらいいるでしょうか。一見体脂肪率は問題がなくても、内臓脂肪が多いというケースも存在します。今回はそんな内臓脂肪について、体脂肪の概要とともに内臓脂肪の平均や落とし方を紹介していきます。

体脂肪とは

 

まずは、体脂肪についてみていきましょう。体脂肪とは読んでそのまま体についている脂肪のことで、内臓脂肪も体脂肪に含まれます。体脂肪や蓄積のリスクについて挙げていきます。

皮下脂肪と内臓脂肪

体脂肪とは身体の脂肪のことだと述べましたが、大きく分けて皮下脂肪と内臓脂肪に分けられます。双方を足したものが体脂肪ということですね。皮下脂肪とは皮膚のすぐ下につく脂肪のことで外からつまめるものです。

 

 

 

一方で、内臓脂肪とはお腹の内臓の周囲を埋めるように溜まっていくもので、外からつかむことはできません。順序としては内臓脂肪が溜まりやすく、次に皮下脂肪が溜まっていくと言われています。外見は太っていないように見えても、内臓脂肪は溜まっているというケースが起こるのはこのためですね。

脂肪の蓄積のリスク

脂肪は重要なエネルギー源となることや貯蔵しておくことで身体の保護や保温に役立つことだけでなく、細胞には脂質が必要なので欠かすことはできないものです。しかし、必要なものではありますが、増えすぎると身体には害となります。肥満のリスクはよく知られていますね。

 

 

 

高血圧や動脈硬化などの原因となること、そしてそれらが糖尿病や脳卒中、心疾患を引き起こすことはほとんどの人が知っていることでしょう。ただし、肥満であっても直ちに糖尿病などにつながることはないため、軽視されがちなのもまた事実です。生活習慣病の原因となることだけでなく、軽視して進行すると命に関わるということも理解しておきましょう。

脂肪や健康に関連する項目

 

体脂肪が皮下脂肪と内臓脂肪からなることなど挙げてきました。内臓脂肪のレベルなどについては後述しますが、脂肪や健康に関連する項目で知っておいた方が良いものを先に紹介していきます。これらの項目と合わせて、内臓脂肪について理解を深めていきましょう。

BMI

脂肪や健康に関連する項目で最初に紹介するのは、BMIです。BMIについてはご存知の方も多いと思います。Body Mass Indexの頭文字をとったもので、健康診断などでは数値化されている結果も多いのではないでしょうか。

 

 

 

体重を身長の2乗で割ったもので、身長の単位はメートルで計算します。この数値が22に近いほど良いとされていますが、これは22に近い人ほど病気が少なかったという統計に基づくものです。あくまで統計ということと、身長と体重だけで体型などは加味されていないのでBMIだけで肥満などを判断するのは適切ではないとされています。

体脂肪率

脂肪や健康に関連する項目で次に挙げるのは、体脂肪率です。上述したように、皮下脂肪と内臓脂肪が身体のどのくらいの割合を占めるかということですね。研究結果などによっても違いますが、おおよそ男性は10〜20%、女性は20〜30%の間におさまっていれば標準とされています。

 

 

 

体脂肪は少ない方が良いというイメージの人が多いと思いますが、少ないのも実は健康には害になります。先にも述べたように、細胞には脂質が必要ということや重要なエネルギー源ということが理由ですね。

筋肉量

脂肪や健康に関連する項目では、筋肉量も挙げられます。近年では、体重や体脂肪に加えて体組成が測れる体重計も増えてきました。体組成とは身体の構成のことで、筋肉量もしくは筋育率も測ることができます。

 

 

 

ダイエットをしている人では脂肪率に目が向きがちですが、筋肉量や筋肉率にも意識を向けたいということです。脂肪を燃やすのは筋肉なので、筋肉を減らして体重が落ちたとしても、その先には太りやすくなったという結果が待っています。

 

 

 

一つの項目だけでなく、身体の構成の変化を追っていくと結果も出やすいということですね。内臓脂肪の場合ももちろん例外ではありません。

内臓脂肪レベルと平均

 

体脂肪に関してや、脂肪や健康に関連する項目について紹介していきました。次はいよいよ内臓脂肪についてです。体組成計が普及していると述べたように、内臓脂肪も手軽に測れるようになってきました。内臓脂肪レベルとその平均についてみていきましょう。

数値によって段階がある

内臓脂肪を測ることがなぜ注目されているのかというと、上述したようにBMIや体脂肪率だけでは脂肪の分布などまではわからないためです。全体としてみれば数値に問題はなくても、内臓に偏っていれば問題となるのでそれを発見したいということですね。

 

 

 

メーカーや機種によって違う場合もありますが、一般的な体組成計では内臓脂肪レベルが1〜30までの間で数値化されます。1刻みや0.5刻みなどありますが、標準は1〜9までで、14まではやや高い、それ以上は高いとされています。

内臓脂肪レベルの平均

内臓脂肪レベルは1〜30までと述べましたが、それぞれの年代や性別で平均値が示されています。皮下脂肪は女性の方がつきやすいですが、内臓脂肪は男性の方がつきやすいということで、男性の方が平均は高くなっています。平均は下記の通りです。

 

 

 

20代   男性  6 女性 3

 

30代   男性  8 女性 4

 

40代   男性  9 女性 5

 

50代   男性 10 女性 7

 

60代   男性 12 女性 6.5

 

 

 

他の項目と合わせて、肥満に当てはまる場合は生活習慣病のリスクが高いということになります。肥満には当てはまらなくても、平均より高いという場合には生活習慣を見直してみるなどして予防をはじめていきましょう。

内臓脂肪の落とし方

 

では最後に、内臓脂肪の落とし方についてみていきましょう。先に内臓脂肪がついて皮下脂肪がつくと述べましたが、落ちる順番も内臓脂肪が皮下脂肪より先に落ちていくようです。内臓脂肪に限らずですが、ポイントとなることを2つ挙げていきます。

摂取と消費のバランス

ダイエットなどで最も基本となるのは、摂取と消費のバランスです。当たり前のことですが、消費よりも摂取の方が多ければ身体には溜まっていく一方ですね。このことを意識して取り組むことで結果が伴ってきますが、偏ったダイエットに走ってしまうなど意識されにくい部分でもあるようです。

 

 

 

食事制限で摂取を減らすもしくは運動などで消費を増やすということですが、どちらもほどほどに取り組むことが良いでしょう。食事を極端に制限したり、さらに激しい運動を課したりと身体への負担やストレスはその後のリバウンドにつながりやすくなります。短期間頑張ってもリバウンドしては意味がないので、やはり継続して行っていけるものが一番ということです。

基礎代謝を上げる

2つ目のポイントは、これも当然ですが基礎代謝を上げるということです。上述したように、脂肪が燃えるのは筋肉です。筋肉は加齢によって1%ずつ落ちていってしまうとされているので、その分燃やす力も落ちていってしまいます。

 

 

 

しかしその反面、筋肉は鍛えることでどれだけ高齢でも強くなるとされています。しっかりと燃やせる身体であれば溜め込まずに済むということになるので、維持していきたいものですね。

まとめ

 

内臓脂肪について、体脂肪の概要とともに内臓脂肪の平均や落とし方を紹介してきましたがいかがでしたか?脂肪や健康に関連する項目は紹介してきたようにいくつかありますが、それぞれの項目を参考にバランスをとっていくようにすることが一番でしょう。

 

 

 

体重や体脂肪だけでなく内臓脂肪や筋肉量なども追っていき、健康管理に活かしたいものですね。

 

内臓脂肪を落とすサプリランキング